家族の一員となってともに家づくり

何でも相談できて完成後まで安心できるようなアットホームな雰囲気の中での家づくり

敷居の無いコミュニケーション

お客様の家に対する要望から始まり、趣味の話、好きな音楽の話、さらには子育ての苦労話などにも・・・

「忠建」とお客様の話し合いはどんどん広がって行きます。家づくりに直接関係なさそうなお話でも、これはお客様と「忠建」お互いを知るための大切な時間なんです。

好みのインテリア本の切り抜きをお持ちいただいたり、通りがかりに見つけた素敵な家の写真をお持ちいただいたり。話はさらに広がって行きます。

そんな敷居の無いコミュニケーションがお客様と「忠建」の間にはあるため、遠慮することなくお客様の家づくりに対する思いや憧れを相談することができます。

3度建てないと満足した家は建てられない

あこがれのマイホームは、ほとんどの家族にとって一生に一度で一番大きなお買い物です。でも、日本では昔から「家づくりは3度行わないと満足出来ない」と言われています。
tatemono_myhome
家が完成してからいざ住んでみて初めて、例えば↓のような不満に気づくのです。

(1) 住んでみて気がついた、生活導線を考えなかったプランなどに対し、建てた当時の知識不足が原因の後悔。
(2) 建てたあとから出てきた新しい工法や技術、住宅機能などに対する羨望。
(3) 家族構成・ライフスタイル、とりまく社会環境の変遷とともにつのる間取りなどへの不満。

「こうすればよかったのか・・・こうしておけばよかったね・・・」 という後悔をしないためには、自分の思いをしっかり聞いてくれて、良い家を建てたいという思いを持った信頼出来る工務店と出会うことが大切です。

「忠建」の家づくりについてしっかり理解してもらい信頼してもらうため、「忠建」では過去に施工されたOB施工主様と実際に話をしたり、コミュニケーションする機会を積極的に設けております。

OB施工主様も含めたアットホームな雰囲気の中、「忠建」の家づくりに対するこだわり、「忠建」で建てさせていただいた家の良さを知っていただければと思っております。

JIO日本住宅保証検査機構

忠建は自社保証ではなく、第三者の保証(JIO 日本住宅保証検査機構)に加盟しております。

logo
>>詳しくはJIOウェブサイトをご覧ください

お問い合わせはこちらからよろしくお願いします。

MENU
PAGE TOP